安全

インプラントの一番の魅力

「インプラントの一番の魅力」
インプラントの一番の魅力といえば、治療が終われば違和感や異物感がまったくなく、自前の歯と変わらない感覚でものが食べられるということでしょう。食べる楽しみを取り戻せることが一番の魅力かもしれません。

インプラントの一番の魅力は、なんといっても自前の歯とほとんど変わらない噛み心地でしょう。
歯があるのが当たり前だった時にはわかりませんが、失ってみて初めて、自前の歯の素晴らしさを実感した人も多いのではないでしょうか。

失った歯を補うために、入れ歯やブリッジという方法http://digital-word.com/もあります。これらは保険がききますので、比較的安価で簡単な方法です。
ただし入れ歯は異物感が大きく、食べ物が隙間に挟まって痛い、マメに入れ歯のケアをしないと臭いが気になるというデメリットがあります。

ブリッジは健康な歯を削って支台装置を装着し、それを支えにして橋をかけるように義歯を入れる方法です。
そのため支えとなる歯への負担が大きく、装着部分のケアもしにくいことから、結局支えている歯も歯周病になってしまうというケースが多く見られます。
また歯周病が原因で歯を失った場合は、支えになる歯の土台もすでに歯周病にかかっている場合も多く、その場合はブリッジという方法をとることは難しいでしょう。

インプラントは、ほぼ自前の歯と同じように違和感がなくものを食べられます。
また場合によっては元々の歯並びよりも美しく仕上がるので、歯並びを気にしている方には嬉しい効果もあります。

ケアの部分ですが、本来の自前の歯と同じように、歯垢を除去するケアが肝心です。
インプラント体が顎の骨に結合するからこそ、自前の歯と同じようにものを噛むことができるのですが、だからこそきちんとケアしないと歯周病にもなってしまうのです。
インプラント治療をするならば、もう二度と歯を失わないつもりで臨みましょう。

現在80/20運動といって「80歳まで自分の歯を20本残そう」という運動も進められています。
歯を失ってしまうと、ものが上手く噛めなくなり、食欲不振や消化不良の原因になりますし、噛み合せの悪さから身体の各部が歪んできます。
若い頃からきちんとケアしていれば、かなりの本数の自前の歯を残せるのですが、少しでも歯を残すために、今からでもきちんとケアをするようにしましょう。