安全

インプラントと医療費控除

「インプラントと医療費控除」
インプラント手術には高額な費用がかかります。それはインプラント手術が保険適用外で、全額自己負担だからです。
さらには歯科医によって値段がピンからキリまであり、高い所では1本60万という場合もあります。
安めの設定をしている歯科医でも20万前後からといった感じです。

最近では高齢化により歯を失う人が増えたために患者数も増え、リーズナブルな値段設定をしている歯科医も増えましたが、インプラント体が口の中に埋め込むものである以上、安くても質の悪いものは使用したくないですよね。

なぜそれほど費用に差が出るのかといえば、顎の骨に埋め込むインプラント体の形状、材質、メーカーによる値段の差があるからです。
また患者さんの口の中や顎の状態は一人一人違うため、その患者さんに合ったインプラント体を選ばなければいけません。
仮にすべての患者さんが同じインプラントでいいのであれば、大量生産でコストを安く押さえることができるでしょう。
いわばインプラントは一人一人に合わせたオーダーメイドなので、高額になってしまうのです。

1本だけでも高額ですが、インプラント手術を検討する人の多くは、複数の歯を失っているケースも多いのです。
そのため入れ歯や部分入れ歯を使用しているわけですが、違和感や不快感に耐え切れず、インプラント手術を検討することになるのです。
そうなると、かかる費用も1本×失った歯の数になるわけですから大変です。

インプラント手術をしたら、少しでも負担を減らすために、医療費控除の申請をおすすめします。
医療費控除はインプラント手術だけでなく、家族が1年間に支払った医療費の総額が10万円を超える場合、医療費控除として所得から差し引くことができ、年に1度の確定申告で申請すれば、税金が還付されるという制度です。
また、こちらhttp://www.seiwa-ginza.jp/にも書いてあるとおり、特定の条件で医療保険が使える場合もあります。

生計をともにしている家族の分も合わせて総額として申請することができ、保険診療で患者さんが支払った金額や病院までのタクシー代、鍼灸治療院での治療も申告できます。
必ず領収書を貰い、次回の確定申告まで紛失しないように保管しておきましょう。

こちらにはインプラント治療をおすすめできる人・できない人が載っています。
金銭面もありますが、年齢制限や該当する病気の人もできないようです。